5歳のC様

2018年11月06日

1月の発表会で生徒様がベートーベンの喜びのうたを弾きたいとおっしゃって下さり、ピアノ経験者のお母さまと良い感じに連弾できないか楽譜に起こしています。編曲するときは、シンプルな曲なら自宅を出る前にピアノで弾いてみて、だいたい雰囲気を決めてから外出先で書いたりもします。が、もの忘れが激しいので今日はあれ?ここどうだったかな?となってしまいました。そして思いついたのが、次はスマホで録音すればよいのだわ!と。何で思いつかなかったのでしょうか。連弾を編曲するときは、生徒様のパートをまず書き起こしてからそれを自分で弾いて録音し、再生しながらお母さまパートを自分であれこれ弾いてみて決まったものを書き起こします。連弾の楽譜を探せば良いのでしょうが、楽器店に行く暇がなかったり、お店に行ってもちょうどよいレベルのものが売ってないときは、自分で書いています。とても楽しい作業です。